【妊活女性・妊婦さんに人気の安全で飲みやすい葉酸サプリメント口コミ】

葉酸不足が起こす先天障害を1分で簡単解説

▼ココをタップ▼

 

妊活女性の間で葉酸サプリが注目されているのは、「神経管閉鎖障害」という先天障害の発症率を大幅に下げる効果があるからです。

 

では、このむずかしい名前の障害はどのようなものなのでしょうか?

 

わかりやすく説明したいと思います。

 

神経管閉鎖障害とは?

精子と卵子が結びついて「胚(はい)」という段階に進んだ後、まっすぐなくぼみが発生します。

 

このくぼみが管状に閉じて「神経管」というものになり、それが脳と脊髄に発達していきます。

 

もしこの神経管がちゃんと閉じずに、どこかが開きっぱなしで止まってしまったらどうなるでしょうか?

 

脳と脊髄になるはずの管に穴が開いている状態ということです。

 

専門知識がなくてもおそろしい事態になることは予測できるはずです。

 

管の上部が閉じなかった場合、「無脳症」といって脳や頭蓋上部がない状態の赤ちゃんになります。

 

死産もしくは生後数時間で死に至るのが普通です。

 

管の下部が閉じなかった場合、「二分脊髄」という先天障害になります。

 

健康な人は脊髄が背骨にくるまれていますが、それがむき出しになっている状態です。

 

歩行や排尿に深刻な障害が出て、一生介護が必要になります。

 

葉酸の効果は?

神経管閉鎖障害の発生率は1000人に1人弱程度。

 

高い確率ではないですが、ママにとっては無視できるほど低い確率でもないです。

 

出産は一生に一度レベルの人生の大イベント。

 

そしてやり直しがききません。

 

もしたまたまそれが自分の身に起きたら、子供も自分も家族も一生それを背負っていかねばならないのです。

 

発症率を下げる方法があるなら最善を尽くしたいはずです。

 

葉酸を十分に摂ることで発症率は50%から70%も低下することが判明しています。