【エーエフシーの葉酸サプリ 口コミ】

DNA製造に重要な必須ビタミン

▼ココをタップ▼

 

脳と脊髄の先天障害を防止

最近「葉酸」のアプリ摂取が話題になっている対象は、妊婦さんと妊活女性です。

 

その目的は「神経管閉鎖障害」の防止。

 

妊娠初期に葉酸がたっぷり供給されると、この深刻な先天障害の発症率が50〜70%も低下します。

 

でも葉酸の働きはそれだけではありません。

 

葉酸は大人にも男性にも必須のビタミンです。

 

ただ、妊娠期と授乳期の女性には必要量が大幅に増加するので、サプリによる補給が注目されているわけです。

 

では、そもそも葉酸とは何なのか?

 

葉酸はどんな機能を果たしているのか?

 

そのあたりをまとめてみました。

 

新しい細胞作りに必須のビタミン

葉酸は1941年に発見されたビタミンB群の一種で、ビタミンB9とかビタミンMと呼ばれることもあります。

 

葉酸という名がつけられたのは、最初にホウレンソウの葉から見つかったからです。

 

多く含まれる食品としては、緑色野菜のほかに動物のレバーがあります。

 

この葉酸はDNAが作られる時、とても重要な役割を果たします。

 

DNAというはご存じのとおり「遺伝情報を記録する物質」。

 

いわば「新しい細胞の設計図」です。

 

ということは、葉酸不足→新細胞の設計図がうまくできない→新しい細胞がうまくできない、という構図になります。

 

すべてが新しい細胞でできていく胎児はもちろん、大人も新陳代謝が停滞してトラブルが発生するのです。

 

妊娠する前から葉酸を始めよう

葉酸を飲み始める時期についてよく質問がでますが、これは妊娠する前からが理想です。

 

妊活を始めた時から、あるいは妊娠の可能性のある性生活をしている今からです。

 

神経管閉鎖障害の発症率を下げるためには、妊娠に気づく前くらいの初期が大切だからというのが一番の理由です。

 

でも、多くの女性は偏食や少食から非妊娠期も必要な葉酸が摂れていないのが現状です。

 

葉酸サプリで母体を健康に保つ目的で、まず自分のために飲み始めましょう。

 

そうしながら、いつくるかわからない赤ちゃんのためにも備える。

 

そういうスタンスで使ってほしいのです。

 

AFCの葉酸サプリは、厚労省が推奨する1日分400μgの葉酸を含んだ安全なサプリで、とてもおすすめです。